地震予知の最新情報を発信しているおすすめサイトをランキングで紹介

地震が来た際には落ち着いて避難をしよう


地震の際には大きく揺れると気が動転して自宅外に逃げ出そうとすることもあるかもしれません。しかし建物の外は非常に危険なことが多いです。パニックにならない方が難しいかもしれませんが、取るべき行動を日頃からチェックするようにしておきましょう。

 

 

 

 

 

大きな揺れが収まるまで安全なところで待機

日本全国ではそれなりに地震が発生するとされています。規模の差は異なりますが、災害レベルの大きなものが発生するときもあります。大きなものが来ると住宅などは非常に揺れ、上にあるものはどんどん下に落ち、特に頭の上などに落ちてくると非常に危険です。

まず揺れを感じたら頭を守るようにしましょう。丈夫なテーブルの下であったり、頭を保護するためのものをかぶる等が必要です。日頃の備えとして、手に届くところに防災頭巾などを置いておくと良いかもしれません。大きな揺れが続いているときに無理に行動に出るのは良くありません。

まずは大きな揺れが止まるまでそのまま待ちましょう。大きな揺れが収まったら、ラジオやテレビなどからの情報をチェックします。慌てて家の外に出たり、自動車で道路に出るのは危険です。まずは津波の危険があるのかどうかを確認し、避難が必要であれば高いところに行くようにしましょう。自宅外に高いところがないのであれば、近所で最も高い建物などに行くようにしましょう。

自分の体を守るための防御を行う

日本の家屋は木造が多いです。その他窓にはガラスが使われ、屋根には屋根瓦がのせられています。それぞれ住みやすい住宅の一部ではありますが、いざ地震が起きたとなると危険物に代わる可能性があります。住宅が倒れれば、木材が折れます。木材が折れると刃物のようにとがった状態になることがあり非常に危険です。

ガラスが割れた時も同様でこちらも触れれば刃物のように皮膚を切ってしまいます。屋根に重たい屋根瓦がのせられていますが、揺れによって落ちそうになっているかもしれません。何かの拍子で落ちてくる可能性があります。揺れた後は避難を考えますが、やみくもに行動するのは危険です。

まず自分の体をきちんと防護する必要があります。頭が重要になるので、ヘルメットや防災頭巾、その他座布団のような分厚いもので保護するのが良いでしょう。その後自宅内を移動しますが、木片やガラス片、その他非常に危険な状態になっています。素手や素足ではなく、靴や手袋などを着用するようにしましょう。足を切ってけがをしたら移動できなくなってしまいます。

余震に備えて住宅以外の所に行く判断

地震は地面の下で大きなひずみができていて、そのひずみを戻そうとして起こります。多くの場合は、最初に大きな揺れが来てひずみの幾分かが解消されます。しかしまだひずみが残っているため、最初の揺れの勢いでさらにひずみを戻そうとする動きが発生します。これが余震になります。

ひずみがある程度なくなるまで余震が続くとされ、数日から数週間は一定の頻度で大きな揺れが発生する可能性があります。自宅などにいる時、とりあえず命は助かるかもしれません。しかし家具などが倒れてめちゃくちゃになり、壁や柱にも大きなダメージを受ける時もあります。今は大丈夫でもさらに余震が来ると倒壊する可能性があります。その時には住宅以外の場所に避難をする判断をしなければいけません。

家具などが倒れてメチャクチャになっていると、それらを直したいと考えがちですが、直している間に余震が来るかもしれません。小学校など指定の場所に行くようにすると良いでしょう。家族がいれば家族と相談し、近所にも同じ状況があるならその人たちと一緒に行くといいでしょう。

 

大きな揺れを感じたら、まずは体を守れるよう机の下などに入りましょう。揺れが収まったらラジオやテレビなどで情報を収集し、津波などの災害が起きないかを確認します。移動をするときには、体を防御する体制を整えましょう。

サイト内検索
地震予知サイトランキング
予知するアンテナ(株式会社テンダ)
MEGA地震予測(JESEA 地震予測情報配信サービス)
地震解析ラボ
Hi-SEM(早川地震電磁気研究所)
地下天気図(DuMA)