地震予知の最新情報を発信しているおすすめサイトをランキングで紹介

地震予知サイトを使用する上での注意点とは?

昨今、日本では甚大な被害をもたらす災害が続いています。

その中でも記憶に新しいのが2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震です。

北海道全域が停電になるというブラックアウトが起こってしまいました。

いきなり被災者になるというのはとても不安が大きいものです。

そこで、地震がいつ起きるのかが分かれば、それに備えることができます。

昨今では、地震の予知サイトなどが多数存在しています。

どのようなサイトが良いのか、利用する時の注意点などをご紹介していきます。

無料会員か有料会員どちらが良いのか

地震予知サイトには大きく2つに分けることができます。

それは、無料サイトと有料サイトです。

どちらを利用する場合であっても、会員登録をする必要があります。

無料会員の場合であっても、簡単な情報を得ることができますが、有料会員になればより細かい情報を入手することができるのです。

有料会員の場合は、検知対象地域の情報だけではなく、サイトによっていろいろなサービスを受けることができます。

地震の予知はもちろんのこと、頻回に起きている地域などを把握しておけば、万が一に備えておくことも可能になります。

情報を発信している解析者が詳しい情報を伝えてくれるのも有料会員ならではと言えるでしょう。

地震はいつ起きるかわかりませんが、起きる1週間前にもし情報を得ていたら、災害時に備えることだって可能です。

被災した後は、食事や水に困ることが出てきますので、それらを確保することもできます。

無料会員であっても情報を得ることは可能ですが、より詳しく得たいという人は有料会員になっておくことをおすすめします。

使いやすいサイトを選ぶことが大切

予知サイトを選ぶ時には、シンプルで見やすいサイトを選ぶようにしてください。

必要な情報を瞬時にキャッチすることができなければ、予知サイトの意味がありませんから、見やすいことはとても重要となります。

サイトによっては情報が多すぎて、自分に必要なものがどれか瞬時に見ることができません。

広告などが多数表示されているサイトもあるでしょう。

地震に関係のない情報が少ないサイトを選ぶと便利です。

また、的中率も重要なポイントとなります。

予知サイトと言っても、的中しないのであれば意味がありません。

信頼のできる情報だけを会員に発信してくれるサイトが優良なサイトと言えます。

過去のデータなども閲覧できれば尚良いでしょう。

自分が見やすいと感じたサイトを利用することが大切です。

地震予知サイト利用時の注意点とは

いつ起きるか分からないのが天災の怖いところです。

しかし、地震に関しては今までのデータなどから予知することも可能になってきました。

全ての人がこのような地震の予知サイトを利用しているわけではありませんが、予知できることができれば地震で命を落とす人を減らすことも期待できるのです。

ただし、このサイトで発しているものが全てではありません。

災害に備えるという意味では活用できますが、必要以上に不安になる人もいるのが事実です。

このようなサイトを利用する時の注意点としては、可能性があるぐらいで閲覧するということです。

信じすぎても軽く考えてもダメですが、見れば見るほど不安になってしまうという人にはおすすめできません

地震の予知サイトは、心の準備をするサイトと考えてください。

実際に地震が起きてしまった時に困らないよう常に防災意識を持つことも必要となります。

その防災意識の一つとして活用する為のものです。

サイト内検索
地震予知サイトランキング
予知するアンテナ(株式会社テンダ)
MEGA地震予測(JESEA 地震予測情報配信サービス)
地震解析ラボ
Hi-SEM(早川地震電磁気研究所)
地下天気図(DuMA)