地震予知の最新情報を発信しているおすすめサイトをランキングで紹介

地震予知サイトの様々な機能

地震予知サイトの様々な機能

地震は予知できるものなら予知したいと思う人が多いことでしょう。
それを専門的に行っている会社やサイトがあります。
複数あるので、それぞれの特徴を調べてみることが大切です。
また、地震予知サイトには様々な機能が設けられています。
どんな機能があるのか、各サイトで調べてみましょう。
自身にとって見やすく分かりやすいサイトを活用することがポイントです。

 

複数の観測データを分析することが大事

地震予知サイトを利用するにあたって大事な点は、これまでの地震をきちんと把握し、分析することです。

〇多くの地震予知サイトではこれまでの地震を観測し、データ化している
データ化することで見やすく分かりやすくなってくるからです。
そうすると、地震が起きる前の気象状況や現象などに共通している箇所が見えてきます。
このようなデータから、今後はどの地域にいつ地震が起こりやすくなるのか予知していくというわけです。
そのため、データ量は多ければ多いほど分析しやすくなります。
もちろん、場所によっては地形や気象などにも違いがあることでしょう。
そうするとデータ化はかなり細かくしていかないと予知ができません。

〇誰が見てもわかるようなサイト
一般人に予知を配信するためには、機関や場所、規模といったデータが特に必要となります。
・ある地震予知サイトでは誰もが分かりやすいように解析者のコメントをつけていることがあります。
これなら素人がデータを見ても安心です。
すぐに内容を把握できることでしょう。

・特におすすめなのは、今度はいつどこで地震が起こりやすいのかといった点が分かるサイトです。
まずはこの点を重視したサイトを活用してみましょう。

 

正確な情報を配信できることが大事

地震の予知で大事なことは、何と言っても正確な情報です。
予知するだけなら誰でもできます。

〇ポイント
しかし、その情報に信憑性がなければ、多くの人が予知に惑わされてしまうことでしょう。
・そこで、信頼できる情報を探すことをおすすめします。
これまでの地震予知が当たっているという実績のある地震予知サイトを活用すればいいのです。

実績に関しては各地震予知サイトを見れば分かります。
例えば、地震に関する有名な教授や博士などが携わっている地震予知サイトなら、それだけで多くの人は安心してそこの情報を参考にすることでしょう。

・また、人工衛星を使った予知をしているサイトもあります。
これによって地表を測量することができるのです。
地表の変動をモニタリングすることで、地震の予知ができるというわけです。
このように独自のデータだけではなく、専門的な機器を使って予知しているサイトはさらに正確性が増すはずです。

 

地下天気図を調べて配信することが大事

・地震予知には様々な方法がありますが、
地下天気図を利用するサイトもあります。
これはまだ正確性に優れているわけではないものの、注目されている方法と言えるでしょう。
これから期待できる地震予知方法です。
ちなみに、地下天気図というのは地震発生のメカニズムを天気図のように示したものです。
これを地震予知として配信しています。
一見、天気図のように親しみやすいため、見やすく感じる人も多いことでしょう。
特に地震予知というと専門用語が多くなってしまうものですが、天気図ならそれがありません。
専門用語では分かりにくいという人に向いている地震予知と言えます。

〇まとめ
・上記のように、各地震予知サイトではこれまでの地震を参考にしてデータ化し、分析した上で予知しています。
・そして、一般人にとって見やすく分かりやすいように工夫をしてサイト上にアップしたり、メール配信したりしています。
・情報を受け取った人たちは、これらの情報を正確に分析し、理解することがポイントです。
・もちろん、配信する側としても正確な情報をサイトを通して多くの人たちに配信しなくてはなりません。
よって、正確な情報を提供している地震予知サイトを活用することが重要と言えます。

サイト内検索
地震予知サイトランキング
予知するアンテナ(株式会社テンダ)
MEGA地震予測(JESEA 地震予測情報配信サービス)
地震解析ラボ
Hi-SEM(早川地震電磁気研究所)
地下天気図(DuMA)