地震予知の最新情報を発信しているおすすめサイトをランキングで紹介

正しい情報を出している地震予知サイトの見分け方とは


国では地震に関する予知は行っていません。直前の揺れによるアラートが出される程度です。多くのサイトでは1週間前ぐらいの予知情報などが出されていて、避難のための情報として使えそうです。しかしながら良いサイトばかりではありません。

 

 

 

 

予言になっているか予知になっているか

歴史においては、予言をする超能力を持ったような人が政治などで徴用されていました。今のように科学的に自然現象などを分析できなかったので、何度か予言が当たるとそれを信用することもあったかもしれません。予言に関しては基本的には誰でも行えます。しかし科学的な根拠がありません。当たることもあるでしょうが、それなりの数の予言をしているからでしょう。

正しい地震予知をしているサイトの見分け方として、予言を出していないかどうかが重要です。予言と予知は将来起こることを事前に伝えることでは共通しています。しかしどうやってその情報を得るかが異なります。予言は科学的根拠がないもので、誰でも何となくできてしまいます。

予知は何らかの科学的なデータを元に専門家などが分析をして行います。サイトの中にはただどこで起こるなどの場所だけ、規模だけが書かれているものがあり、これは予言になるのでしょう。予知情報を出しているところは、何を元に予知をしているかなど根拠を示しています。

いろいろなサイトの情報をまとめただけかどうか

色々な情報をまとめてくれているサイトがあります。本来なら自分でそれぞれのサイトで情報を集め、比較などをしなくてはいけません。まとめサイトならそれがまとまっているので、情報を集める作業がいりません。まとめサイトは非常に便利なように感じますが、必ずしも自分の欲しい情報のみがまとめられているわけではありません。あくまでもサイト運営者がどのサイトから情報を取るかを決めています。地震予知の情報を得るには正しい情報が必要ですが、見分け方としてそれがまとめサイトになっているかどうかがあります。

まとめサイトだと、そのサイト自身専門家などが運営しているわけではないでしょう。運営者がいくつかのサイトとリンクを貼って情報をまとめているだけです。一見多くの予知情報が集まっているので便利そうですが、利用者にとって必要な情報かどうかといえば疑問点が付くサイトになります。本当に予知の情報を知りたいのであれば、その予知の根拠などが分かる情報を出してくれるサイトに直接行く必要があるでしょう。

広告がたくさんあるサイトは避けた方がいい

インターネットサイトにおける広告効果はかなりあるとされています。そのためにサイト運営において、一定の広告を掲載するサイトはそれなりにあります。公的な機関のサイトなどでも広告はあるので、広告があるサイトが信用できないという訳ではありません。

しかし広告だらけとなると少し問題も出てくるでしょう。地震予知のサイトの見分け方として、広告の量がどうなっているかです。ひどいサイトだと、広告が非常に多いのでそれが開ききるまで時間がかかるところもあります。やっと開いてもあまり重要な情報が出されていないときもあります。

利用者が知りたいのは、最新の情報を的確に分かりやすく表示しているところのはずです。生活に関わる情報を押しのけて広告をたくさん載せているところは避けた方がいいでしょう。良いサイトでは、トップ画面に実際の地震情報や予知の情報を出してくれています。そして予知の方法や予知の根拠は別画面で見られるようになっていることが多いようです。予知情報を最優先に出そうとしてくれるところを利用しましょう。

 

予知と予言は異なり、根拠のない予言情報を出しているサイトは避けないといけません。予知があるときは、それに対する科学的根拠が必要になります。情報をただ集めただけのサイトも、必ずしも利用したい情報とは限りません。