地震予知の最新情報を発信しているおすすめサイトをランキングで紹介

地震予知サイトの仕組みとは?

日本は地震大国と言われているように、自然災害の中でも世界的に見ても地震がかなり多い国となっています。

地震が起きることは避けることができませんが、被害を最小限にするために様々な研究が進んでおり、近年では地震予知を行いお知らせしているサイトも増えました。

あらかじめ予知しておくことができれば、地震対策をしたり備えておくことができます。

予知と予測がありますが、予測は地震が発生する時間や地震が発生する場所、そして地震の大きさを地震前に測定することであり、近年ではエリアメールなどで地震予測に関するメールを受信したり、アプリもあります。

しかしメールやお知らせが届いてから、ごく僅かな時間で地震が来るので、備える時間はほとんどなく、心の準備をしたり最低限の行動をするだけになります。

その一方、地震の予知では、確度の高い地震予測になっており、警報に繋がるようなもので、地震予測よりも程度が高いものが地震予知と呼ばれています。

役立つことは確かですが、どのような仕組みになっているのか疑問に感じたり、本当に正確な情報なのか不安という人も多いのではないでしょうか。

地震予知をするサイトの仕組みについて

地震の予知にでは、何時頃にどのような場所で、どの程度の大きさの地震が発生するのかが要素となっており、地震が想定されるまでの時間やその精度により、地震の予知も大きく分けて、長期予知、中期予知そして直前予知の三種類に分かれています。

基本としては過去にどの程度の期間でどの程度の地震が起きているのかというデータを基にして考えられているということもあり、予知サイトではその情報を公開することで、備えるようにと知らせているという特徴があります。

もちろんデータだけではなく、電波観測所で電波を測ることにより予知しているということもあり、正確性もアップしています。

正確性はどの程度なのかについて

地震観測網が整備され、地震シミュレーション研究などが大きく進展したことから、地震の科学の発展は目覚しいものとなっています。

大地震の発生する場所はあらかじめ決まっているとする考え方が、地震の予知のベースではないでしょうか。

しかし現在の科学では、まだ数年先に起きる大地震のことを正確に予知することは困難となっています。

おおよそと考えておかなくてはなりません。

近年では、一週間から十日前には予知することができるようになりつつありますが、それでもまだ正確な日時を知ることは困難となっていることも確かです。

予知よりも後にくることもありますが、予知よりも早くやってくることも当然あるので、日頃から備えておくことが大切になってきます。

注意しておくべきポイントについて

科学の進歩もあり地震の予知の正確性はかなり高まっているということは確かです。

しかし、数年先の地震が起きる日時を正確に予知することは、今の科学では難しいことも確かです。

おおよその余地の結果をサイトではみることができますが、必ずしも当たるというわけではありません

数多くの予知サイトが存在していますが、それぞれ余地の方法に間違いはあるので、一つのみで判断してしまうのではなく複数を比較しておくことで、より正確な予知に近づけることは確かではないでしょうか。

電波を測ったり過去のデータからどの程度のレベルの地震がどこで発生するのかということは、近年ではかなりわかるようになってきていることは確かです。

いざという時に備えておくということが大切ということは頭に置いておくようにしなければなりません。

どんなに地震の予知をするサイトを見ていても、しっかりと備えておくことをしなければ、地震が起きた時に被害にあってしまうことにつながります。

そうならないためにも、予知サイトを参考にしながら対策をしておくようにしましょう。

サイト内検索
地震予知サイトランキング
予知するアンテナ(株式会社テンダ)
MEGA地震予測(JESEA 地震予測情報配信サービス)
地震解析ラボ
Hi-SEM(早川地震電磁気研究所)
地下天気図(DuMA)