地震予知の最新情報を発信しているおすすめサイトをランキングで紹介

今すぐ始めよう!地震対策

今すぐ始めよう!地震対策今すぐ始めよう!地震対策

 

日本は世界でも稀に見る地震大国であり、過去に多くの災害を経験してきました。
いつ来るかわからない恐怖だけだと人間は耐えられないので、地震予知ができる様に国を挙げて研究が40年以上前から行われています。
現在でも確かな予知は難しいですがデータを基に予測はできる様になってきています。
備える為に様々な地震予知サービスを利用して、万が一に備える必要は、日本に住んでいる以上あります。

 

そもそも地震をどうやって予測するのか

地震学者の考えでは、同じ場所で同じ周期で発生するという意見が大多数です。
それを前提に過去の文献や断層を調べてデータをとっていき予測していきます。
現在ではどの位の間隔で発生するのかは、海溝型地震においてはある程度予測は可能になっています。
南海トラフというよくニュースで流れる海溝型断層ですが、周期はおおよそ判明しており次にいつ来るかという事はおおよそわかっています。
ただし3日後など確実な日の特定は難しく、30年以内にといった発表の仕方が現在では限界です。
より難しいのは内陸型地震であり、1千年以上の周期と言われておりデータをとる事や予測が困難になっています。
地震は断層が動いた際に隣り合う断層も一緒に連動するかは、発生してみないとわかりません。
この様に過去の文献や臭気からデータを集めて調べていく方法で予測していきます。

 

確実な予測はできないが、備える必要は全員にある

近年の大地震で改めて怖さを全国民は理解しています。
地震が発生する日時は残念ながら予知する事は困難ですが、地域毎に地震が発生したらどの様な災害が起こるかは予測できます。
日本のどこでも発生する可能性はあり、もしもの時に備える知恵は蓄積されているので対策は誰でも取る事が可能です。
地震が発生した際は建物の倒壊以外に津波や火災など発生後の2次災害の方が被害は大きいです。

〇備えは最低3日分
そして地震発生してから救助の整備が整うのに必要な日数は3日と言われています。
3日間は救助なしで自力で生存する必要があるので、生きるのに必要な食料や水を確保する必要があります。
・防災グッズは必要な物がセットで販売されており、保存の効くものなので今から購入しても無駄になる事はありません。
・勿論保存期間が過ぎる事もありますが、その際はその分を交換するだけでよいのです。
備える事は全員できますので、今から始める事が大切です。

 

予知・予測を行っているサービスを活用する

完全な予知は難しくても、近くの変動や妙な動きをキャッチする事は可能です。
それを国からの情報発信を受けるだけでなく、自ら取得できるサービスが始まっています。
それが各企業が行う地震予知サイトやサービスです。
スマホといった携帯端末は日本国民の90%以上が所持しています。
インターネットよりサイトに登録する事で、定期的に地殻変動等の前兆をキャッチして定期的に知らせてくれます。
突然の発生に恐怖するのではく、常に心構えができるサービスであり活用する事で迅速な対応も可能になります。
知らせてくれる内容はサービス毎に多少異なりますが、規模や地域の情報と地震学者の解説も添えて配信される事が一般的です。
これを活用する事で出掛ける予定も立てやすくなりますし、防災意識を常に持つ事ができます。
多くのサービスサイトがあるので、まとめサイト等を活用して使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

〇まとめ
地震予知と言いますが、完全な特定は難しいです。
しかし地震発生のメカニズムは解明されつつあり、電波や地殻変動の変化等から発生確率は割り出せます。
注意喚起を行う事が可能であり、地震予知サイトサービスを活用する事で万が一に備える事が可能です。
地震予知サイトは沢山できており、各々サービス内容は多少異なります。
情報の内容に大きな差はなく、注意喚起をしてくれるサイトとしてくれないサイトといった弊害はありません。
後は使いやすさなので、まとめサイトを活用する事で自分の生活に合うサービスを探す事が可能です。