地震予知の最新情報を発信しているおすすめサイトをランキングで紹介

地震を予知できる仕組みって?


地震は自然災害の中でも予測が難しいとされ、国などは行っていません。
一方で民間サービスや研究機関などが独自の調査をもとに一定の情報の提供を行っています。
それを利用すれば、事前の準備ができるようになるかもしれません。

 

1週間前からの発生予測ができる

台風などは、一応天気予報などを通じて進路予想等が確認できます。事前に避難勧告なども出るので、きちんと守れば一定の範囲で命を守ることができるかもしれません。しかし地震に関しては事前にどこで起こるのかがほとんどわかりません。全く分からないとする学者もいるので、国などが公式にいつ起こるかなどを事前に発表したりはしません。

ただ民間にはいろいろな設備や情報を元に地震予知をしてくれるところがあります。あるところでは1週間前から予知ができるようになっていて、事前の準備もしやすくなりそうです。仕組みとしては、地震が発生する前に起きる電波をとらえたものになります。地震は非常に大きな力が発生する自然現象です。そのために電波の異常が起きる前に少しずつ発生しているようです。それをとらえることによって、事前に分かるようになっています。

もし予知が確認されたときは、ホームページなどでどのあたりで発生する可能性が高くなるかの情報を出してくれます。うまく利用すれば、余裕をもって備えることができそうです。

 

衛星から地表の変動を測定して予測

地震が生きるメカニズムとして、地殻のひずみとされています。地球上にはいろいろなプレートがあります。そのプレートが別のプレートとの境目でひずみを起こします。ひずみがどんどん起きるとそのひずみを戻そうとする動きが起きて地面が揺れて地震になります。地球上に大きなひずみができているところは、将来的に地震が発生する可能性が出てきます。

ある地震予知のサービスでは、人工衛星で空から地球上を観察し、ひずみが起きているところを見つけ出す仕組みです。ひずみ自体はいろいろなところで発生していて、日本近海においても大きなひずみが発生しています。その中から、地震関係の研究をしている博士などが情報をチェックし、それを元にいつ頃どこで起こるかを知らせてくれます。

発生しそうなときは、インターネットから情報が受信できるようになっているので、スマートフォンから得ることもできます。情報が出たらすぐ発生するわけではないので、備えができるメリットがあります。気になる地域を登録しておけば、その地域の情報を中心に出してもらえます。

 

地震前の大きな前兆をとらえて予測をする

地震には大きなものもあれば小さなものもあります。地震の時に発生する力はマグニチュードで表現され、その数字が大きいほど大きな力が加わっていることを示します。震度は実際に揺れた規模になり、マグニチュードの大きさと震度の大きさは必ずしも比例しません。ただ、マグニチュードが大きいとその分大きな揺れが発生する可能性があり、大きなマグニチュードの地震が予測できれば事前に行動ができるかもしれません。

ある地震予知サービスの仕組みは、大きな地震が来る前には何らかの前兆が来るという考えから行います。全国には近くなどの情報を得られるようになっていますが、それらの情報をどう分析するかはそれぞれの研究者や研究機関によって変わります。新たに発生した情報と過去の例などを勘案して、どのあたりで発生するかなどが知らされます。発生する直前に出されるのではなく、1週間ぐらい先を見越した予測になるので、備えのための情報として使うことができるでしょう。

新たに地震が発生した時には、事前の情報などをフィードバックして、今後の予想に続けられます。

 

地震は、地球上の表面で非常に大きな力が発生して起こります。将来的に大きな力が発生するときは、その前兆が何らかの形で地球上に現れます。その前兆を電波などでとらえることができると、地震が起きるかどうかを知ることができます。